渋谷で働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAも取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習のMBA)でも学びました。仕事、勉強などの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

Examination

2004/12/09のBlog
本日、Financial Accountingの試験を受けてきました。
(その分、今夜は仕事ですが。。。)


手応えとしては、ボーダーラインといったところです。
Financial Accountingは、Section A,Bの2つに分かれており、Aが選択問題(配点:40%)、Bが記述問題(配点:60%)となっています。両方で50%以上を取れれば合格です。


今回は、Aの選択問題では過去問と違った種類の問題もありましたが基本的には同じ種類の問題でした。Section Aについては過去問・テキストの問題を繰り返し演習していましたので、こちらはある程度見込みどおりの点数が取れたのではないかと思います。過去問やセミナーの問題が非常に重要であることを再認識しました。


もう一つのSection Bについては、同じく過去問などである程度の準備はしていたのですが、実際の試験では記述の時間が不足して充分に書ききれませんでした。この辺りは、試験準備の問題もありますが、やはり、最終的にはwriting能力にかかってくるのではないかと感じました。今後の試験は論述問題が大半であるので、試験準備と同時に基本的な能力も上げていかなければならないと痛感しました。(私だけかもしれませんが。)


今回受けて、試験の反省と今後の対策が幾つか見つかりましたので、次回の試験までに徹底的に鍛えていきたいと思います。

プライバシーポリシー