渋谷で働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAも取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習のMBA)でも学びました。仕事、勉強などの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

3:図解で分かる投資ファンド

<このくらいは知っておきたい> 図解でわかる投資ファンド
<このくらいは知っておきたい> 図解でわかる投資ファンド

いわゆる"ファンド"と称される機関について、その種類や各々の戦略、投資案件の事例などファンドの全体像を分かりやすく説明している入門書です。


例えば、ファンドを分類すると、
1.プライベート・エクイティ・ファンド
 ・ベンチャーキャピタルファンド
 ・バイアウト・ファンド(企業再生ファンド不良債権ファンド
2.ヘッジファンド
3.不動産投資ファンド
に大別されます。


この中で、個人的には"1.プライベート・エクイティ・ファンド"に最も注目しています。
この分類には、外資系ではカーライル、KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)、リップルウッド、国内ではアドバンテッジ・パートナーズ、MKSパートナーズ、ユニゾン・キャピタルフェニックス・キャピタルなどの独立系ファンドや銀行・証券系ファンドなどが多数存在します。

プライバシーポリシー