渋谷で働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAも取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習のMBA)でも学びました。仕事、勉強などの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

USCPA試験の特徴と学習時間

USCPA試験の特徴として大事なものは、「科目別」に合格ができる、という点です。

 

USCPAは4科目から構成されていますが、各科目に合格すれば、18ヶ月間は合格実績が有効になります。その間に残りの科目に合格すれば、晴れてUSCPAの試験に合格となります。

 

以前は全科目に合格する必要があり、したがって非常に難度が高い試験でしたが、今は科目別の合格実績が認められ、かつ日本でも受験できるため、取り組みやすい試験になっています。これが私がUSCPAを選んだ理由でもあります。

 

実際に、私が合格するまでの各科目の学習時間は、次の通りでした。

  • FAR (Financial Accounting and Reporting) 320時間
  • AUD (Auditing and Attestation) 200時間
  • BEC (Business Environment and Concepts) 200時間
  • REG (Regulation) 260時間

 合計 980時間

 

USCPAの各科目に合格には約200~300時間の学習が必要、と言われています。私の場合、事前に財務・会計のバックグランドは無かったことから、大体その通りの学習になりました。このうち、FAR、REGは分量が多いため、やや時間がかかります。


次回は、合格までの学習についてもう少し詳しく書きたいと思います。

プライバシーポリシー