渋谷で働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAも取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習のMBA)でも学びました。仕事、勉強などの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

5:英語ライティング・ルールブック

本日は、特に私が愛用している一冊です。

英語ライティング・ルールブック

英語をビジネスで使い始めた時に先ず最初に感じたのが、学校で習った英語と、海外の方にも通じる“自然な”英語の違いでした。

私の場合、最初に英語を書くのに最も参考にしたのがネイティブの方が書く英文(特に相手が弁護士など、キチンとした文章を書く方で良かった)でしたが、同じように書こうとしたときに「この表現にふさわしい単語は何か?」「この用語は大文字?小文字?」など細かな所で躓くことがしばしばでした。

そんな時、こちらの本では日本語では同じ意味の単語の用法の違い(例えば、"Problem"と"Issue"、"Learn"と"Study")やスラッシュ("/")、コロン・セミコロン(":", ";")等の句読点の意味などまで、細かなところまで易しく解説してあり、とても助かりました。特に句読点などもそれぞれ意味があり、日本ではあまり区別せずに使ってしまいがちですが、全く意味が変わってしまうということにも気が付きました。

英語を書きながら、ふっと分からない時に手元にあるととても助かる一冊です。

プライバシーポリシー