渋谷で働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAも取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習のMBA)でも学びました。仕事、勉強などの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

USCPAの受験プランと学習サイクル

今回は、試験に向けた学習方法について書きます。

 

USCPAの試験は、3ヶ月毎の期間(Testing Windowといい、1~3月・4~6月・7~9月・10~12月、最終月は10日まで)に分けて実施されており、期間中に科目毎に1回だけ受験することができます。したがって、この3ヶ月間が一つの学習サイクルの目安となります。また、合格するまでの学習時間は、平均的には科目毎に約200~300時間が必要です。

 

このサイクルの中で、ご自身の知識・経験・確保できる学習時間等を合わせて、

  • 4科目を全て受験し、一括で合格する(もし不合格となったら、残りの科目は次回再受験)
  • 1科目毎に受験し、有効期間内に合格する

などの受験プランを先ず考えます。

私は仕事に影響を与えないように無理のないペースで学習を続けることを最優先にしたため、1科目毎に受験しました。受験プランは人により様々ですが、日本でUSCPA試験を受けると受験料は諸々で1科目あたり約700ドルかかりますので、各科目の合格する可能性が高まったところで受験するのが良いかと思います。

 

そして、試験までの3ヶ月間の学習サイクルの中では、

  • 1ヶ月目: 出題範囲のテキストを理解し、一部の過去問に着手する
  • 2ヶ月目: 過去問(選択式・シミュレーション)を全て解く
  • 3ヶ月目: 過去問のうち、間違えた箇所及びシミュレーションを繰り返す

という流れを理想としていました。

私の場合、時期によってばらつきがありますが、1日あたりの学習時間は平日 約1.5時間、休日 約 4時間であり、残った箇所をGWやお盆等の休み期間を利用して、試験前に集中的に勉強をしました。実際には理想よりも2週間程度(場合によっては試験直前まで)押すことが常でしたが、前倒しで学習を進めておけば試験までに気持ちを余裕を持って臨めると思います。

  

次回も、学習方法について書きたいと思います。

プライバシーポリシー