アメリカで働くコンサルタントの本棚

M&Aや海外ビジネス等に携わり、USCPAを取得しました。以前はコンサルタント等として働きながら、イギリスのDLMBA(遠隔学習MBA)も学びました。仕事、勉強、オフなどの中で見つけた役に立つ本や情報等をご紹介します。

アメリカのプロスポーツリーグで最も稼げるのは?

今回は、少し気楽にアメリカのプロスポーツのトピックです。

 

アメリカではアメリカンフットボール(NFL)、野球(MLB)、バスケ(NBA)、ホッケー(NHL)が4大プロスポーツリーグと言われていますが、この中で選手の平均年収が最も高いのはどのスポーツでしょうか。

 

正解は、バスケのNBAです。2018-2019年シーズンの平均年収で比べると、

  • NBA: $ 7.8M(約8.6億円)
  • MLB: $ 4.5M(約5.0億円)
  • NFL: $ 2.9M(約3.2億円)
  • NHL: $ 2.8M(約3.1億円)

となっています。

 

その理由の一つは、選手の数です。上位3つのリーグで登録できる選手数を比べると、NFL 53名MLB 25名に対して、NBA 15名と狭き門になっています。

 

さらに年間のレギュラーシーズンの試合数についても、NFLの256試合(32チーム×16試合)に対して、NBA 1,230試合(30チーム×82試合)、MLB 2,430試合(30チーム×162試合)と多くなっています。

 

その結果、アメリカで最も人気があり、放映権料収入や観客動員が多いのはNFLですが、選手から見るとNBA、MLBの方がより稼げるスポーツとなっています。

 

加えて、バスケについては、中国を始めとして世界各国で人気があります。そのため、スター選手はシューズ等のスポンサー契約を締結することで多額の報酬を得ることも期待できます。

 

その他にも、スター選手は超大型契約(Supermax contract)が可能など、他のプロスポーツには無い特徴もあります。

www.youtube.com

 

今年からNBAでは、八村塁選手が日本人で初めてドラフト一巡目指名を受けて、入団後も活躍を続けています。ぜひこれからも素晴らしいプレーを続けてほしいですね!  

 

プライバシーポリシー